meri ja kuu

メリヤクー

meri ja kuu (メリヤクー)

どこか日本と通じる国、フィンランド。そのフィンランドの言葉である「meri ja kuu メリ・ヤ・クー」は「海と月」という意味を持ちます。

月は遠く離れた地球=海へ・・日々、光を注いでいます。月がほんのり柔らかい光を私たちへ届けてくれる様に、優しい物作りを届けてゆきたいという想いが込められています。

meri ja kuu (メリヤクー)の靴下は季節で想う1つの国から繋がる言葉を見つけ、1足1足に物語を描き、日本で昔から使われてきた編み機を中心に・・・時間をかけて編みあげられます。

靴下を通して、受け取り…受け渡し…また受け取り…糸のように人と人が紡がれて生まれた靴下。そんな、ブランドコンセプトで作られるmeri ja kuuの靴下は、はきやすい素材と柔らかな色使いが特徴です。

メリヤクーの靴下は、日本で昔から使われてきた編み機を中心に、時間をかけて編まれています。靴下を製造している会社が150以上もあるという“靴下の町”奈良で、職人さんをはじめ、たくさんの人々の協力のもと、糸のように人と人が紡がれて生まれた靴下です。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [14] 商品中 [1-14] を表示


  • crepuscule (クレプスキュール)
  • jujudhau (ズーズーダウ)
  • REMI RELIEF (レミレリーフ)
  • nisica (ニシカ)
  • FACTORY (ファクトリー)
  • NO CONTROL AIR (ノーコントロール)
  • CAL O LINE (キャルオーライン)
  • Charpentier de Vaisseau (シャルパンティエ ドゥ ヴェッソ)
  • Lin francais d'antan (ランフランセダンタン)
  • BASIS BROEK (バージズブルック)